人気ブログランキング |

日々綴り

手編み大好き。色々な手作り作品の製作報告ができればいいなぁと思っています

ぶらり・東京 その1

東京駅から
ぶらり・東京 その1_c0122791_20540846.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19234785.jpeg
大嘗宮の一般公開が11月21日から始まりました。一生に一度かもしれない機会だと思い観に行ってきました。
生憎の雨でしたが、多くの方が来ていました。
ぶらり・東京 その1_c0122791_20544799.jpg
手荷物検査と金属探知機での検査を受け・・・
ぶらり・東京 その1_c0122791_20555852.jpg
【坂下門】から中へ
ぶらり・東京 その1_c0122791_20561900.jpg
【宮内庁庁舎】
ぶらり・東京 その1_c0122791_20564964.jpg
【ジュウガツザクラ】
ぶらり・東京 その1_c0122791_20570319.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_20572067.jpg
【富士見櫓】
明暦の大火で天守が焼失した後、天守の代わりに使用された三重櫓。江戸城のほぼ中央に位置しています。
家康公が作った天守もこの辺りにあったそうです。
初代の物は1606年、本丸造営工事の際に建てられましたが、現在の富士見櫓は明暦の大火のあと1659年に再建されたもの。
関東大震災で倒壊しましたが、主要部材には旧材を用いて修復されたものが残っているそうです。
ぶらり・東京 その1_c0122791_20573423.jpg
【江戸城百人番所】
江戸時代から残る江戸城の遺構で、検問の他、幕府直轄の精鋭部隊鉄砲百人組有事に備えて詰めていた。
警備担当が、徳川家と縁故のある甲賀組、伊賀組、根来組、廿五騎組が昼夜交代で詰めていた。
与力20人、同心100人が詰めていたが、各組の同心100人配備されたのがその名の由来となっている。
ぶらり・東京 その1_c0122791_20574386.jpg
【江戸城大番所】
中之門の奥に位置しており、ここから坂を上り中雀門をくぐった奥が本丸にあたるため、警備上重要な役割を担っていた。
ぶらり・東京 その1_c0122791_20580810.jpg
【大嘗宮】
遠くに大嘗宮がうっすら見えてきました。
ぶらり・東京 その1_c0122791_19243203.jpg
白木の立派な建物。
ぶらり・東京 その1_c0122791_19245060.jpg

ぶらり・東京 その1_c0122791_19245788.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19251569.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19241278.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19254264.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19255539.jpg
ぶらり・東京 その1_c0122791_19260884.jpg
ぐるっと1周した感じでしょうか。後ろからの景色も素敵でした。

【お昼・ソバキチ】
新丸の内ビルにあるお蕎麦屋さん。
ぶらり・東京 その1_c0122791_19351771.jpg
季節の天ぷらと炊き込みご飯のセット、冷たいお蕎麦。
ぶらり・東京 その1_c0122791_19353227.jpg
≪その2に続きます≫

トラックバックURL : https://hiro276.exblog.jp/tb/30618367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiro-z_diary | 2019-11-23 23:49 | ぶらり | Trackback | Comments(0)
カレンダー